お泊まりパン、ネーミングはナイス!

コープのお店に買い物に行き、その一角のパン屋の前を通ったとき「お泊まりパン」なる言葉を目にした。
見ると、食パンが半額とのこと。
つまり、前日に焼かれたパンのことですね。
こういったものでよく使われる言葉は「おつとめ品」だけど、おつとめっていう響きがなんだか拘束感を感じる。
その点「お泊まり」はちょっとわくわく感がある。
まるでそのパン自体も楽しく自ら売れ残った気がする??ふだん250円のパンが125円ということで早速買いました。
なんといっても「お泊まり」ですもの。
しかし、買った結果はどうかなぁ。
一般に売られているメーカーのパンでなく手作りパンが一日置かれて次の日というのは、食感がかなり落ちるみたい。
なんだかぼそぼそする。
残念!ネーミングは最高だったのに。
でも、世の中にあるいろいろなキャッチコピーの大切さを知りました。
コピーライターなる職業もあるくらいだし、言葉に乗せられるということは確かにあるなぁと思って。
そういえば、ちょっと古くなったものを安く売る「おつとめコーナー」が、あるスーパーでは「賢い主婦コーナー」になっていたっけ。
これもちょっとひかれた。
ただ安いから買うんじゃないのよ、これも賢さなのよと自分を満足・納得させられていいなと思った。
主婦の気持ちも複雑です(笑)。

私の好きな肉うどん人それぞれに食

私の好きな肉うどん

人それぞれに食べ物の好き嫌いはあると思いますが、大人から子供まで幅広い世代で美味しく食べられているのがうどんだと思います。
さらに、うどんはお店でも自宅でも食べたい時にサッと食べられる点も魅力ですし、その時々に合わせて一緒に食べる具材など色々な食べ方を選択することができます。
うどんはシンプルに油揚げや卵と共に食べるのも美味しいかもしれませんが、私はうどんによくお肉などをトッピングして食べるのが好きです。
手軽なひき肉を使い、フライパンで油と炒めながら細かくし、しょう油などで簡単に味を付けてそぼろ状にします。
さらに、ニンジンも細切りにし、ひき肉と一緒に軽く炒めておきます。
うどんを茹で、しっかりと水切りをして器に盛り、温めた?つゆを注ぎます。
そして、味付けをしたひき肉とニンジン、缶詰のコーンなども汁気を切って一緒に乗せ、最後にネギを上に添えてでき上がりです。
お肉が入るだけで食べ応えがアップしますし、ニンジンも細切りにしていることで自然とたくさんの量を食べられます。
また、味の調整に七味唐辛子以外にラー油を少しかけると、ひき肉との相性もぴったりで程よい辛さが加わります。
ボリュームを増やすなら豚バラ肉などを入れ、野菜も余った物で変化をつけられるので、アレンジの幅も広がります。
うどんも具材次第で色々と味が変わるので、食べていくうちにプラスしたいものを見つけて自分好みのオリジナルのうどんの味を見つけて頂ければと思います。

錦織復帰

あのテニスの錦織圭選手が2年ぶりに日本代表に復帰する
ことが決まりましたね。7月に行われる男子テニスの
国別対抗試合の日本対ウズベキスタン戦の日本代表選手が
昨日発表されたのですが、世界ランク52位の錦織選手が
そのメンバーに選ばれていましたね。
代表監督の会見でも錦織選手の体調を考えながらシングル
だけではなくダブルスでも起用する意図があることを
公表していましたね。
日本は勝てば9月に開催されるワールドグループとの入れ替え
戦に進むことができるので頑張って欲しいですね。
他にも今年のウィンブルドンに出場した添田選手らも代表
入りしたみたいですね。